引き揃え糸の意外な使い方

前回の投稿にて、引き揃え糸の特徴をお話させていただきました。

この魅力的な糸を、どうやって使ったら良いか悩んでる方
結構多いかもしれません。

編み物が得意な方ばかりでないのは重々承知なので、
他の利用方法をお伝えしようと思います。

それは「リボン」と同じような使い方があります。

ラッピングのリボンと同じような使い方で、色合わせも楽しめて
個性的な印象になります。

写真はオーソドックスなチョウチョ結びですが、
結び方を工夫すると、もっとボリュームも出ますし、
華やかにすることも出来ます。

その他には、デザインされた板にただ巻きつけてオーナメントにしたり、
毛糸玉のまま部屋に飾っている方もいらっしゃいます。
下の写真は、ワイヤープランツカバーに糸を巻きつけただけです。

このように、編み糸として使う以外の方法をお伝えしましたが、
この独特な色合わせを楽しんで頂けたら、それだけで十分満足です。

欲を言えば・・・

市販の糸1本だけじゃ物足りなくなって、つい他の糸を合わせてしまう・・・

なんて行動を起こしてもらえると、ちょっと口角が上がるかもしれません。

関連記事

  1. ウールマークのあれこれ

  2. 引き揃え糸とは?

  3. 「毛」と「ウール」って同じじゃないの?

  4. 番手について

  5. 好きな色、嫌いな色

  6. 色について

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。